2017年12月28日木曜日

Hippotizer+


Hippotizer+日本語カタログのサイト オープンしました 
こちらから入ってください TSJ ON LINE Hippotizer+
宜しくお願い致します

2017年12月5日火曜日

PREP

強力なプリプログラミングツールであるPREPの紹介です
 Hippotizer PREPはエンコード、プリプログラム、ビジュアライゼーションを可能にする完全なプリプログラミングツールであり、賞を受賞したメディアサーバーソフトウェアの最新バージョンです。 Hippotizer PREPには、今日のクリエイティブの要件に応えることができ、無制限の透かし入りの出力(MIX)が付属しているため、あなたのPCやラップトップの快適さからあらゆるサイズのプロジェクトをプリプログラミング出来ます また、Notchも付属されておりHippotizerV4 +シリーズ同様10種のFree FXも搭載されております
間もなく弊社にも届きますので皆さんにお見せすることが出来ます
在庫も取りましたのですぐに出荷できる段取りとなっております
価格等はお問い合わせください


2017年11月30日木曜日

STRATA

今回はSTRATAキャディシステムについてです
これは、メディアの呼び出しのパスをどこからにするかと言うものです
メディア自体もフォルダーとコンテンツのメディアマップ情報も呼び出します

STRATAドライブはHippotizerのフロント部にSTRATA装着可能なベイがあります
蓋を開ける前は

蓋を開けると

ベイが現れます
ここにSTRATAディスクを入れWindowsで認識させてあげます

STRATAの設定

例えば現在のメディアのパスがD:\MEDIAV4とあった場合
これをSTRATAドライブのE:\MEDIAV4とします
そうするとHippotizerはE:\MEDIAV4からメデイアを読み込みます

下記はMediaの設定タブAdvancedです
緑丸がパスを入れる個所です

これによってAの現場はD:\MEDIAV4としBの現場はSTRATAドライブのE:\MEDIAV4で使用することが出来ます。

別現場の使用方法以外にDドライブ をEドライブにバックアップをしておけば有事の際のメデイアのバックアップとして大いに役に立ちます

V4が壊れた場合にバックアップ機のSTRATAベイにSTRATAドライブを入れて立ち上げて設定をするだけでメディアは帰ってきます

STARATAディスクの価格等はお問い合わせください





2017年11月27日月曜日

PixelMap スペシャルチャンネル

PixelMapのfixtureのスペシャルチャンネルの使用方法です
今回はAyrton社のIntelliPixを例にご説明いたします
IntelliPixのRGBW個別に扱う場合のパラメータが
1.strobe
2.Dim
3.color macro
4.color preset
5.color preset Dim
6.Chace patterns
7.Chace speed
8.Chace fade
9.Reset
10.R1
11.G1
12.B1
13.W1
.
.
106.R25
107.G25
108.B25
109.W25
となってます
チャンネル1-9までがスペシャルチャンネルとなります

まずFixtureを5x5で作成します

スペシャルチャンネルはLEDのアイテムの前にがあるので
Special Channels Befor Colour Elementsの
緑丸+でチャンネルを追加 今回は9個
後にDefaultにLEDが正しく点灯できるデフォルトの値を入れます
Fixtureの設定は以上です
後は作業画面にこのFixtureを配置していきます



2017年11月16日木曜日

ニューリリース Hippotizer+

今回の米国のトレードショーLDIでHippotizer+シリーズがリリースとなります
従来のHippotizer V4からさらにパワーアップされたシリーズになります
今回追加されたTaiga+ DPはビデオスプリッターを使用時HDを24出力することが出来ます 弊社スタッフもLDIに向かっておりますので 詳細は後日ご報告できるかと思います



2017年10月20日金曜日

On Dark Pause


On Dark PauseはLayerのレベルが0%の時にコンテンツの再生をそのまま動かしておくのか、ポーズをかけるかと言うのを決める機能です


照明卓からコンテンツをアサインした時にLevelは上がっていないのに Layerの表示はOn DarkはPauseの状態だが実際はコンテンツは動いていると言う場合に下記の方法で解決が出来ます

これを解消するにはこの様なCueを作成し再生させます
On Darkのレベルを0%でCue1
On DarkのレベルをFullでCue2
上記のCueを再生後はOn DarkのPauseは正しく動きます


V4再起動後はこのCueを再生して下さい

これとは別に再生に対してポーズをかける事も出来ます
卓のデフォルト値でフルを入れておくのも手かもしれません
宜しくお願い致します







2017年10月18日水曜日

Montane+Notch最高得点

V4の新しいユニット Montane+はこれまでに測定されたNotchmarksのスコアで27,300点の最高得点で新境地を切りました
リアルタイムのジェネレートコンテンツでスコアが高いほど再生が早くより複雑なエフェクトを再生することが出来ます